政治

市民と警察官にらみ合い キャンプ・シュワブ第1ゲート

 名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ第1ゲート前では25日午前6時すぎから、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に抗議する集会が開かれた。

 市民らが第1ゲートに到着する前に、警察官が歩道脇に立って抗議活動を阻止するなど市民らと警察官とのにらみ合いが続いた。
 沖縄平和運動センターの山城博治議長は「入り口に座り込もうとしたが、警察に排除された。いくら邪魔されようとどんな形でも訴え続ける」と話した。ゲート前は、早朝からものものしい雰囲気が漂った。
 一方、シュワブ内の大浦湾側沿岸部では、桟橋設置予定地で砂浜を整地する作業が昨日に続き午前9時ごろから始まった。整地作業はほぼ完了したとみられ、次の工程に向け現場には発電機6機が運び込まれた。現場前の海上では新基地建設に反対する市民がカヌーに乗り「工事やめろ」などと声を上げ、基地建設中止を訴えた。
 【琉球新報電子版】
英文へ→Stand off between citizens and police officers at gate of Camp Schwab in Nago


新基地建設に反対する市民らと警察がにらみ合う緊迫した現場=25日午前8時ごろ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ第1ゲート前

米軍キャンプ・シュワブ内の工事に対し、海上からシュプレヒコールをするカヌー隊=25日午前9時21分、名護市辺野古のキャンプシュワブ沖


関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス