政治

辺野古強行に抗議 那覇市議会が意見書可決 工事の即時中止求める

名護市辺野古での工事強行に抗議する意見書を賛成多数で可決する那覇市議会?=22日午前、市議会本会議場

 那覇市議会(安慶田光男議長)は22日午前、米軍普天間飛行場の辺野古移設を進める政府に抗議し、工事の即時中止と移設断念を求める意見書を賛成多数(賛成32、反対6)で可決した。新風会と公明、共産、社民、社大、無所属の会、なは民主の各会派長らが共同で提出した。自民・無所属・改革の会の市議ら6人が反対した。
 意見書は「政府の傍若無人な作業強行は、県内すべての市町村長らが署名した『建白書』を一顧だにせず、稲嶺進名護市長の断固反対の意思と世論調査で示された73・6%の県民の反対の声を完全に無視したものであり、民主主義を否定する許しがたい暴挙である」としている。
英文へ→Naha City Assembly asks the U.S. and Japanese governments to stop the construction of a new base in Henoko immediately