エンタメ

三越跡に巨大お化け屋敷 吉本興業が開設

沖縄三越跡に開設される沖縄おもろおばけ屋敷に出演する吉本興業のタレントら=1日、新宿区の吉本興業東京本部

 【東京】吉本興業は1日、沖縄三越跡の施設「HAPINAHA(ハピナハ)」に3月12日に開設する「沖縄おもろおばけ屋敷」と常設劇場「よしもと沖縄花月」の概要を同社東京本部で発表した。

年中無休で、年間観客動員はお化け屋敷で約30万人、劇場で約15万人の計約45万人を見込む。
 「おもろおばけ屋敷」は3~6階約600坪を迷路やゲームをしながら約35分かけて回る日本最大級のお化け屋敷で、収容人員は1日1056人。出演者は木村祐一さんら同社所属のお笑い芸人が務める。料金は大人1500円を予定する。「沖縄花月」は同社13館目の常設劇場で、おきなわ新喜劇や寄席を1日3公演行う。189席で前売りが平日2千円、土日祝日が2500円。
 会見には県出身のスリムクラブやガレッジセール川田、セブンbyセブンらが出席した。よしもとエンタテインメント沖縄の水谷暢宏社長は「恐怖と面白さを体感できる施設となる。沖縄国際映画祭を含め、沖縄の経済活性化に寄与したい」とあいさつした。