経済

連合沖縄が春闘要請開始 ベア2%以上要求

照屋義実県商工会連合会会長(左)に要請書を提出する連合沖縄の大城紀夫会長=2日、那覇市小禄の県商工会連合会事務所

 連合沖縄は2日、ベースアップ2%以上を掲げた2015春闘(春季生活闘争)に関する県内主要経済団体への要請行動を開始した。大城紀夫会長らが同日午後、最初の要請先となる県商工会連合会に照屋義実会長を訪ね、賃上げや雇用の質の改善へ向けた取り組みを求めた。

 大城会長は、長時間労働の削減や有給休暇の取得促進などへ向けて「県と沖縄労働局、経済団体、連合の4者で働き方や経済発展に向けた共同宣言ができないか」と提案した。
 照屋会長は「適正な要請内容だ。要請の考えが反映されるように(傘下の商工会や各企業に)伝えたい」と応じた。
 連合沖縄は4日には県経営者協会との労使首脳会談を開催するほか、県商工会議所連合会、県工業連合会、県中小企業団体中央会にも同様に申し入れる。沖縄労働局には雇用の質の改善などについて要請する。
【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス