経済

那覇バスターミナル、再開発へ5月解体 乗り場一時移動

 那覇市のモノレール旭橋駅付近の市街地再開発で、那覇バスターミナル地区(北地区)の事業が近く始まる。5月から現在の施設の解体に入り、9月に新しい複合施設の建築が始まる。再開発事業のうち、複合施設「カフーナ旭橋」などがある南地区は既に完成しており、北地区の工事が完了する18年春には国道330号を挟み南地区とつながる計画だ。工事に伴い来月6日から同ターミナルの路線バス乗り場は一部を除き、周辺に移転する。

 現在のターミナル地区に新たに建設される複合施設は地上11階、地下1階建てで、地下1階と地上1階がバスターミナルの施設となる。2階より上には県立図書館などの公共施設や駐車場などを整備する。総事業費は約183億円。
 一方、バスターミナルの乗り場は4月6日から2018年3月末まで、周辺の旭橋、旭町、上泉、県庁北口の各バス停留所に移る。国道330号沿いの現在の11~14番のホームは工事中も残る。近く再開発事業者である第三セクターの旭橋都市再開発が、停留所が移転するバス路線の詳細を公表する。ターミナル内の発券所や案内所は旭橋駅に直結するエレベーターの横に移転する。
 再開発事業については県土木建築部の末吉幸満部長が今月10日、旭橋都市開発社の福治嗣夫社長に、土地や建物などの権利を新しい権利に置き換える権利変換計画の認可書を交付した。
 福治社長は県立図書館などが入居する施設について「新たな交流拠点を形成したい」と展望を話した。


モノレール旭橋駅周辺地区再開発事業の那覇バスターミナル部分の完成イメージ

那覇バスターミナル工事に伴うバス停の一部移動 地図