経済

県内企業から「ペプシ」が消える 沖縄ペプシが4月に社名変更

 沖縄ペプシビバレッジ(宜野湾市、高田淳司社長)は24日の臨時株主総会で、4月1日から社名をサントリーフーズ沖縄に変更することを承認した。従業員や取扱商品などに変化はない。1997年にサントリーと米ペプシコ社が業務提携し、全国的には2013年にペプシグループがサントリービバレッジサービスに統合していた。

 沖縄ペプシは、1954年に前身の与那城ベバレッジカンパニーが設立。79年に琉球ペプシコーラボトリングとして「ペプシ」の名を冠して、ペプシ飲料を取り扱ってきた。
【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス