地域

情報通信の格差是正を 県離島振興協、県に要請

浦崎唯昭副知事(左から3人目)に要請書を手渡す外間守吉与那国町長(同2人目)、宮城光正北大東村長(右端)、前田政義伊是名村長=22日、県庁

 県離島振興協議会と県過疎地域振興協議会の外間守吉会長(与那国町長)らが22日、県庁に浦崎唯昭副知事を訪ね、小規模離島の情報通信環境整備など92項目の離島振興に関する要望を盛り込んだ要請書を提出した。浦崎副知事は「沖縄21世紀ビジョンにもしっかりと離島振興が盛り込まれている。翁長県政はこれをしっかりと守っていく」と各要望を検討する考えを示した。

 情報通信環境に関する要望で両協議会は、県が現在進めている離島への海底光ケーブル敷設で整備対象に含まれていない阿嘉島や慶留間島、南北大東島でも超高速回線の通信が可能な環境整備を求めた。
 両協議会副会長の宮城光正北大東村長、前田政義伊是名村長も同行した。 【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス