政治

「辺野古に基地建設、絶対反対」 翁長知事と中谷防衛相が初会談

初会談する翁長雄志知事(右奥から2人目)と中谷元防衛相(左奥から2人目)=9日午前11時すぎ、県庁

 翁長雄志知事と中谷元防衛相は9日午前、県庁で初会談した。米軍普天間飛行場の辺野古移設をめぐり、中谷防衛相が「普天間基地を固定化させないというのは政府も沖縄も共通の認識ではないか。普天間(飛行場)を辺野古に移設するのは唯一の解決策であると確信している」と述べ、辺野古移設を推進する姿勢をあらためて示した。それに対し、翁長知事は「辺野古に基地を建設するのは不可能であり、私ども県として絶対に反対していく。かたくなな固定観念を脱し、辺野古への建設工事中止して、私たちとの話し合いを継続してもらいたい」と述べ、辺野古移設を阻止する考えを示した。

 翁長知事は会談の中で、中谷防衛相に対し(1)米兵による事件事故が起きた際、沖縄防衛局長らが県や関係市町村に説明に来ること(2)辺野古沖での臨時制限区域内への立ち入りを早急に認めること―も求めた。会談は冒頭約22分が報道陣に公開された。
 【琉球新報電子版】