経済

外国人増で対策強化 県レンタカー協、事故防止へ注意喚起

 県レンタカー協会(白石武博会長)の2015年度通常総会が12日、那覇市のロワジールホテル那覇で開かれた。外国人観光客の利用増加に伴う事故防止策など、受け入れ体制強化を検討するインバウンド対策委員会を新たに立ち上げる方針を確認した。

 同協会会員の外国人へのレンタカー貸渡件数は、2014年度は8万5323件で、前年度比の約2・3倍に上った。国別では台湾(33%)韓国(同)香港(27%)で、9割以上を占めた。事故件数は2901件で、事故率は3・4%だった。
 協会では本年度から、英語版に加え、繁体字と韓国語版のドライブマップを新たに作製、運転上の注意点や県内の事故多発交差点などを紹介し、注意喚起を図っている。インバウンド対策委員会では、外国人観光客に関するデータの整理や、マップによる災害対応の情報提供なども検討していく方向だ。北海道などの先進地事例も研究する。15年3月末の同協会会員数は29社、保有車両台数は前年度より1010台増加し、1万6335台となっている。
 総会後に行われた懇親会では、レンタカー業務の質向上を図る「資格認定講習会」の修了者20人に証書が渡された。08年から始まった講習会の修了者は今回を含め290人に上る。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス