経済

5月の県内有効求人倍率0・84倍 3カ月連続で復帰後最高値を更新

 沖縄労働局が26日発表した5月の県内有効求人倍率(季節調整値)は前月比0・04ポイント上昇の0・84倍となり、復帰後の最高値を3カ月連続で更新した。県統計課が同日発表した5月の県内完全失業率(原数値)は前年同月比0・4ポイント低下(改善)の5・0%だった。

 労働局によると、新規求人数は前年同月比7・0%(483人)増の7355人で6カ月連続で増えた。産業別で増加幅が大きいのは卸売業・小売業の44・5%増、運輸業・郵便業の37・3%増などだった。
 県によると、完全失業者数は前年同月比1千人減の3万5千人。求職理由は「自己都合」が1万2千人と最も多いが、前年同月比2千人減だった。「定年または雇用契約の満了」は1千人増の5千人、「勤め先都合」は1千人減の6千人だった。
 待鳥浩二沖縄労働局長は、26日午前の定例記者会見で「卸売業・小売業、観光関連などを中心に(雇用の量に関し)改善が進んでいる。今後も求職者のニーズに応じた支援を続け、雇用のミスマッチ解消に努めたい」との考えを示した。
【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス