経済

大玉傾向、甘さ良好 豊見城でマンゴーの日イベント

豊見城産マンゴーを試食する親子連れ=15日午前、豊見城市の「菜々色畑」

 「マンゴーの日」の15日、県農林水産物販売促進協議会(会長・砂川博紀JAおきなわ理事長)は、豊見城市のJAおきなわ食菜館「菜々色畑」でセレモニーを開いた。豊見城産マンゴーの試食販売会や保育園園児らがマンゴーダンスを踊るなど、マンゴーの販売促進をアピールした。

 南風原町からマンゴーを購入に来た女性は「お中元で、県外の親戚に贈る」と話し、計11箱を購入した。
 同協議会会長の砂川博紀JAおきなわ理事長は「ことしのマンゴーは、天候にも恵まれ大玉傾向、甘さもここ数年で1番よい」と話した。
 【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス