人事・訃報

在沖米軍トップにニコルソン氏指名 米大統領

 【ワシントン=問山栄恵本紙特派員】カーター米国防長官は16日、オバマ大統領が沖縄に駐留する米海兵隊第3海兵遠征軍の次期司令官にローレンス・ニコルソン少将を指名したと発表した。

 就任にともない、同氏を中将に昇格させる。第3海兵遠征軍司令官は在沖米軍トップの四軍調整官も兼任する。交代の時期は明らかにしていない。
 ニコルソン氏は現在、カリフォルニア州のキャンプ・ペンドルトンに司令部を置く第1海兵師団の司令官を務める。
 2000年代にはイラクに出兵し、首都バグダッド西方のファルージャに駐留する部隊の指揮に当たった。アフガニスタン駐留経験もある。
 カーター氏は神奈川県の米海軍横須賀基地に拠点を置く第7艦隊のロバート・トーマス司令官(海軍中将)を米海軍作戦本部事務局長に充てる人事も発表した。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス