人事・訃報

元参院議員、紀平悌子さんが死去 女性の地位向上に尽力

 女性の地位向上に力を尽くした日本婦人有権者同盟元代表で元参院議員の紀平悌子さんが19日午前11時55分、心不全のため東京都大田区の病院で死去した。87歳。福岡市出身。葬儀・告別式は家族のみの密葬で行う。喪主は長男太郎氏。

 日本の女性運動の第一人者とされた故市川房枝さんに師事し、市川さんが創設した日本婦人有権者同盟の事務局長などを経て、1972年に会長に就任した。
 89年の参院選では無所属で熊本選挙区から出馬し初当選。95年に落選した後は会長に復帰し、2004年からは代表として女性の政治参加、世界平和などを訴えた。
(共同通信)