経済

ファミマ、おにぎり刷新 行楽需要、ローソンも種類追加

ファミリーマートが発売するおにぎり「手巻 辛子明太子」(左)と「手巻 紅しゃけ」

 夏の行楽のお供としておにぎりの需要拡大が見込める8月に向け、ファミリーマートは三角形でフィルムをはがしてのりを巻く定番の商品を約2年ぶりに刷新し、28日に発売する。ローソンも同日から新シリーズの商品を追加する。一口目から「おいしい」と感じてもらえるかが勝負の鍵といい、セブン―イレブン・ジャパンを含め、素材や製法を競っている。

 ファミリーマートが売り出すのは「手巻 紅しゃけ」や「同 辛子明太子」など5種類で、価格は110~140円。炊飯設備などを改善し、ふっくらとしたご飯に仕上げた。のりも焼き時間や包装の構造を変えてパリッとした食感にこだわった。
(共同通信)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス