経済

粟国、先島に新機体 第一航空、2機導入

新機体のイメージ図を手にする西川昌伸社長(左)と新城静喜粟国村長=23日、県庁

 第一航空(本社・大阪府八尾市)の西川昌伸社長らが23日、県庁で会見し、県内路線で新たな航空機2機(計約19億6670万円)を導入すると発表した。1機は8月2日に粟国―那覇線で就航させる。

もう1機は10月に石垣―多良間、石垣―波照間線に就航させる予定。西川社長は「より地域に密着した運航をしたい。より多くの観光・商業利用ができるように村とタイアップしていきたい」と語った。
 新たな航空機は国と県の全額補助で購入した。カナダのバイキングエア社製の「ツインオッター」と呼ばれる機体で、乗客の定員は19人。粟国―那覇線は現在、9人乗り2機が運航しているが、新たな機体の導入で1機体制に移行し、60%台半ばで推移している搭乗率のてこ入れを図る。
 また機体には粟国村の「アニーちゃん」や多良間村の「たらぴん」などご当地キャラクターをあしらい、かわいらしいデザインに仕上げた。会見に同席した新城静喜粟国村長は「安全運航で島の発展に尽力をお願いしたい」と話した。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス