芸能・文化

まーちゃんが初期の喉頭がん 8月から治療で活動休止

「まーちゃん」こと小波津正光さん

 演芸集団FECに所属し、舞台「お笑い米軍基地」の脚本・演出などを手掛ける「まーちゃん」こと小波津正光さんが28日、自身のブログで、喉頭がん治療で8月から入院すると発表した。当面は芸能活動を休み治療に専念する。がんは初期段階で治療すれば仕事に復帰できるという。琉球新報で掲載しているコラム「まーちゃんのお笑いニュース道場」は休載する。

 小波津さんは、ブログで仕事を休むことを謝り「このたび『芸人』から『病人』になりました」「病気をネタに講演会やら闘病日記を書いてガッポガッポもうけようやっさぁ!」とギャグ混じりにつづった。応援のメッセージに感謝し「皆さんとまた会えるのを楽しみにしています」とした。
【琉球新報電子版】