経済

製糖2社、合併に正式合意 「ゆがふ」発足へ 翔南と球陽が契約調印

合併に正式合意する翔南製糖の仲里源勇社長(左)と球陽製糖の志良堂勝啓社長=21日、那覇市の自治会館

 翔南製糖(豊見城市、仲里源勇社長)と球陽製糖(うるま市、志良堂勝啓社長)は21日午後、那覇市の自治会館で契約調印式を開き、合併に正式合意した。式の前には翔南製糖が株主総会を開き、合併を承認した。

9月1日付で設立する新会社「ゆがふ製糖」の新たな役員は、代表権を持つ社長に知念宏彦翔南製糖常務(57)、専務に大田一球陽製糖常務(59)、常務に山口順次翔南製糖常務(60)が就く。非常勤の会長には株主である金秀興産の宮城寛清副会長(70)が就任する。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス