経済

宮古・八重山で農林水産被害3億8953万円 台風15号(速報値)

 県農林水産部が25日午前に発表した台風15号による農林水産物関連の被害額(速報値)によると、宮古地区と八重山地区でサトウキビなどに計3億8953万円の被害が確認された。本島地区の被害は調査中のため第1報に含まれておらず、先島地区の被害額の確定状況と合わせて、今後の発表で被害額はさらに増える見通し。

 地域別の内訳は宮古地区が1億6221万円、八重山地区が2億2732万円。種別ではサトウキビや野菜などの耕種が3億8703万円となっているが、畜産や林業、水産業などは調査が続いているため今後の発表で追加される。
 県は各地からの報告がまとまり次第、25日午後にも第2報を発表する予定。
【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス