経済

OCVB、観光ターミナル新設を検討 空港混雑解消へ

 沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB、平良朝敬会長)が観光客の満足度を高めるため「観光集積ターミナル(仮称)」の設置を検討していることが1日までに分かった。同ターミナルはレンタカーの手続きや観光案内などワンストップのサービスを提供する。

OCVB事務所や人材育成講座が開催できる多目的ホールなどが入る「観光会館(仮称)」の併設も構想している。平良会長は「2018年までに実現させたい」と意気込んだ。
 同ターミナルの場所として那覇市および、周辺の浦添市、宜野湾市、豊見城市などが検討対象になるという。OCVBは今後各関係団体と意見交換し、合意に至ったら県と調整に入る。
 近年、来県する観光客の増加とともに那覇空港周辺ではレンタカー会社の送迎バスや団体客専用の大型バス、タクシーなどで混雑している。混雑を解消するため、空港から観光集積ターミナルまでシャトルバスによるピストン輸送体制を整える。観光客は同ターミナルでレンタカーやタクシーに乗り換え、観光地などへ向かう。
 「観光集積ターミナル(仮称)」は、レンタカー会社やタクシー会社などの窓口を設置するほか、大型駐車場(自動車千台、バス100台)なども整備する。
 また、県観光のシンボル地として発信できる「観光会館(仮称)」の建設も構想に盛り込む。
 OCVBは9月28日、那覇市の沖縄産業支援センターで県レンタカー協会や県バス協会、県ホテル旅館生活衛生同業組合などと第1回の意見交換を実施した。(呉俐君)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス