政治

処分軽減に知事「自民の体質」 自民報道圧力 沖縄たたきを懸念

 【東京】翁長雄志知事は3日、6月に開かれたマスコミに圧力をかける発言が相次いだ自民党若手勉強会で、代表を務めた木原稔前青年局長への処分が軽減されたことについて「そういう体質は(自民党の)体質だ。これが出てこなくても似たような体質はある」と指摘した。都内で報道陣に語った。

 同時に「私の発言は沖縄の声としてどんどん言っているように感じるかもしれないが、私からすると3、4割は言ってない。それ以上言うと沖縄バッシングが出てくる。真実を言えば言うほど、バッシングがある」との認識も示した。
 木原氏は1年の党役職停止処分を受けていたが、3カ月に軽減された。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス