安慶名城跡 (あげなじょうせき)

 具志川市安慶名亀甲原に所在するグスクで、北側を天願川が流れる。別名大川グスク。伝承では14世紀ごろ、大川按司によって築城され、その子孫三代までの居城と言われている。自然の地形を巧みに利用した輪郭式の山城である。【国指定史跡】


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス