安国山樹華木之記碑 (あんこくざんじゅかぼくのきひ)

 首里城前、龍潭のほとり、俗称ハンタン山を〈安国山〉と呼んだ。尚巴志王代、明国人の国相懐機が首里城の外苑として、龍潭を掘り、樹華木を植えて、遊覧できる場所とした。そのいきさつを刻んだ碑。1427年の製作で琉球最古の金石文。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス