伊佐浜土地闘争 (いさはまちとうそう)

 1954(昭和29)年12月、米軍は宜野湾村伊佐浜の住民へ立ち退きを勧告、55年3月に再度通告したが区民、支援者は座り込みで反対した。米軍は武力による強制接収の挙に出たため、多くの逮捕者や負傷者が出た。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)