イモ・はだし論 (いも・はだしろん)

 1968(昭和43)年10月の主席公選で、保守陣営・西銘順治候補が打ち上げたキャッチフレーズ。米軍基地撤去、即時無条件返還を掲げた革新統一候補の屋良朝苗が勝利すると、昔のようにイモを食い、はだしの生活に戻ると強調した持論。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)