うるま

 今日では琉球とともに沖縄の総称となっているが、定着させたのは和文学者・識名盛命の『思出草』。さらに歴史をさかのぼれば室町時代の文献に「琉球をうるまの島と云也」とある。うるま島ともいう。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス