躍奉行 (おどりぶぎょう)

 国王・王妃・王子の年忌供養の踊り、および冊封の時の踊り(組踊を含む)を指導統括するために、そのつど臨時に置かれた責任者で、基本的には按司・親方・親雲上(3人)の5人構成。組踊の創始者玉城朝薫らが知られる。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス