亀川盛武 (かめがわ・せいぶ)

 生没年未詳 琉球王国末期の三司官。唐名毛允良。三司官致仕後は王国体制護持を掲げる頑固党の中心的地位に座る。当時の士族集団に圧倒的な影響力を有し、配下の士族層の反日的行動は、来島した明治政府関係者を難渋させた。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス