魏学賢 (ぎがくけん)

 1806~1850(尚3.8.29~尚泰3.7.4) 久米村出身。1842年に12代将軍家の慶賀使として江戸に上り、共著の漢詩集『東遊草』を著す。44年に進貢存留通事として渡唐し、福州駐在英国領事から南京条約の写しを受け取っている。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス