口説 (くどき)

 江戸時代に流行した75調形式の口説を、屋嘉比朝寄が薩摩に出かけた際に持ち帰り、琉球古典音楽の一ジャンルにしたといわれる。『屋嘉比工工四』には、口解、早口解、揚口解が見える。上り口説、下り口説など舞踊を伴うものが多い。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス