座喜味盛秀 (ざきみ・せいしゅう)

 1699~1766(康煕38~乾隆31) 1750~52年の三司官。唐名は毛恭儉で毛姓九世、座喜味殿内の四代。25年、読谷山間切の総地頭となる。37年、肥前に漂着した八重山船の御礼使として上国。41年巳日番総与頭職に任職。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)