サンダンカ

 アカネ科の常緑低木。中国、マレーシア原産。県内での栽培は古く、沖縄の三名花の一つ。花は緋赤色で枝先に多数集まって咲き、高温期に多く開花する。現在では、東南アジアなどから様々な種や交配種が導入されている。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス