尊円城間 (そんえん・ぐすくま)

 1542~1612(尚清16.3.26~尚寧24.3.26) 本名は城間盛久。首里生まれ。書家にして三司官。「浦添城の前の碑文」のおもての文を揮毫した。琉球随一の和様書家。御家流の祖尊円法親王の流れをくんでいることから、尊円城間と称された。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)