田島朝由 (たじま・ちょうゆう)

 1655~1737(順治12.4.12~乾隆2.7.14) 奥間親方朝充の長子、向氏五世。那覇里主、平等之側職等を経て1703年旧記奉行(旧記座の初代奉行)となる。10年三司官職となり、同年真壁間切総地頭職に任ぜられる。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)