泊如竹 (とまり・じょちく)

 1570~1655(元亀元~明暦元・5.25) 屋久島安房村出身の儒学者。僧名養善院日章。儒学者南浦文之の門下。薩摩藩主島津光久の侍読もし、また1632年に来琉して尚豊の侍講をつとめ、文之点による漢文の読方を琉球に広めた。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス