豊見城盛良 (とみぐすく・せいりょう)

 1586~1642(万暦14.5.15~崇禎15.9.3) 三司官。豊見城親方盛続の長子、毛姓豊見城家の6世。1621年紫冠を頂戴し御物奉行、翌年豊見城間切総地頭職。38年薩州に赴き、その帰国途上、徳之島洋にて破船し卒す。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)