日秀上人 (にっしゅうしょうにん)

 1503~1577(文亀3~天正5.9.24〔『三国名勝図絵』〕) 真言宗の日本人僧。金武の富花津に金峰山観音寺を建てたという(『琉球国由来記』)。『球陽』では、碑を立て妖怪を退治し、彌陀・薬師・観音三像を作り護国寺へ奉安したなどとされる。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)