平西貝塚 (ぴにしかいづか)

 竹富町字古見平西島にある15~16世紀ごろの遺跡。平西島は周囲約600メートルの小島で干潮時に歩いて渡れる。数か所の平場によって構成され貿易陶磁器が散布する。通常往来不可能な場所で防御的意図がうかがえる。【県指定史跡】


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス