『琉球国由来記』 (りゅうきゅうこくゆらいき)

 首里王府による初の琉球国の地誌。1713年成立。王府は03年に旧記座を設け、旧記奉行を任命した。各地の番所に資料を提出させ、集まった資料を整理編集したもの。全21巻。『琉球史料叢書』第1・2に翻刻が所収。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)