地域

うりずんの季節到来 渡嘉敷島、霧のベールにすっぽり

濃霧にすっぽりと覆われた渡嘉敷港前のグスク島 =15日、午前10時ごろ

 【渡嘉敷】沖縄県の渡嘉敷島は、うりずんの季節を迎え、南方から湿った空気が吹き込み、すっぽりと島中が濃霧に覆われる本格的な霧のシーズンになった。梅雨明けごろまで霧の島の「神秘的」な光景が楽しめる。


 15日は台風1号の影響で気温も30度まで上昇し湿度も高く蒸し暑くなり、早朝から霧が発生、山の中腹から山頂にかけ視界が50メートル余となった。

 渡嘉敷島は、標高200メートル級の山岳地帯が南北に連なり、霧の発生しやすい地形となっている。
 (米田英明通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス