社会

夏至の空に部分日食、三日月のような太陽 沖縄で観測

日食のピークを迎え、三日月のように細くなった太陽=午後5時22分、糸満市摩文仁

 21日午後4時ごろ、太陽が月に隠れる「部分日食」が始まった。沖縄本島や石垣市などでは、欠けた太陽が観測できる。午後5時すぎにはピークを迎え、太陽が三日月のように。那覇市内では、肉眼で形を確認できないが、真夏の日差しが薄日をさしたようになっている。

 今回の日食は、沖縄地方では天候次第で最大8割が欠ける様子が見られるという。ピークは午後5時過ぎで6時20分ごろまで観測できる。日食と夏至が重なるのは非常に珍しい。

 太陽を直接見ると目を傷つける恐れがあり、観察には日食専用グラスなどが必要。【琉球新報電子版】


部分日食が始まり、太陽の一部が欠けた=21日午後4時13分ごろ、糸満市摩文仁


関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス