地域

冬の海、クジラ悠々 座間味でホエールウオッチングツアー再開

今シーズン初のツアーで姿を見せたクジラ=12月29日、座間味島近海(佐野裕二さん撮影)

 座間味村ホエールウォッチング協会では12月27日から今シーズンのホエールウオッチングツアーが再開、29日には初のツアーが実施された。28日までは気象条件があまり良くないことなどからツアーは行われなかった。22日には定期高速フェリーから航路上でのクジラ確認情報が入っていた。

 29日午前11時ごろ、座間味島の北東3キロほどの海域で稲崎展望台から探鯨係がクジラのブロー(通称・潮吹き)を発見した後、ホエールウオッチャーを乗せ、正午ごろ出港した。座間味港を出て10分ほどで2頭のザトウクジラに出合うことができ、2時間ほどのツアーを堪能した。

 船長で撮影者でもある佐野裕二さん(47)は「今シーズン初のツアーで無事にクジラに遭わせることができてよかった。ポイントに着いてすぐにクジラがブリーチ(ジャンプ)をしたので、ほとんどの参加者が見られたのでよかった」と語った。

 同協会の今シーズンのツアーは4月5日までを予定している。(大坪弘和通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス