地域

夜風に香る「サガリバナ」 街に夏の風情漂う 那覇

夕暮れの街で独特の香りとともに咲くサガリバナ=10日午後7時すぎ、那覇市久茂地のパレットくもじ前(ジャン松元撮影)

 那覇市久茂地のパレットくもじ前でサガリバナ(サワフジ)が見頃を迎えている。夕暮れ時になると、房状の花が独特の香りとともに咲き、街に夏の風情を漂わせている。

 サガリバナは南西諸島や東南アジアなどに分布。ブドウの房のように垂れ下がった円形のつぼみが、夕方から夜にかけて花を開く。夜が明けると、ほとんどの花が散る。

 10日夜、那覇市のパレットくもじ前では、白と淡い桃色のサガリバナが、別々の木に咲いていた。花は甘い香りを夜風に漂わせ、足を止めて眺める人もいた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス