芸能・文化

感謝込め、多彩に 新報音楽コンクール 入賞者演奏会

弦楽部門最優秀賞の数和子賞を受賞した安村直生喜さん=2日、那覇市の県男女共同参画センターてぃるるホール

 第50回新報音楽コンクール入賞者演奏会(琉球新報社主催、ラジオ沖縄共催)が2日、那覇市の県男女共同参画センターてぃるるホールで開かれた。

 ピアノ、弦楽、管打、声楽の合わせて4部門の入賞者35人が、受賞曲を情感たっぷりに演奏と歌声で披露した。

 今年は5年ぶりに弦楽部門の最優秀賞に当たる数和子賞の受賞者が選ばれた。

 同賞を受賞した安村直生喜さん(14)=具志川東中2年=はC.A.ベリオの「バイオリン協奏曲9番 イ短調第1楽章Op.104」を演奏し伸びやかなバイオリンの音色を聴かせた。

 安村さんは「会場の皆さんにいい演奏を聴いてもらえるように頑張った」と語り、「初めてコンクールに出場して、大変栄誉ある賞を頂いた。これを機会にいろんなコンクールに挑戦したい」と前を見据えた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス