くらし

秋風恋し 羽休め きょう「白露」

電線で翼を休めるツバメの群れ=7日、金武町金武(ジャン松元撮影)

 8日は二十四節気の一つ「白露」。夜間、気温が下がり、草花が明け方に露をまとう時季をいう。

 7日の沖縄地方は、熱帯低気圧や湿った空気の影響で曇りや雨の天気となった。最高気温も大東島地方を除き、平年を下回った。

 金武町の田園では、ツバメが群れ飛ぶ光景が見られた。田芋畑や水田の上をひとしきり乱舞しては、電線で翼を休めていた。農作業をしていた男性は「ツバメがこれほどたくさん飛ぶのは珍しい」と空を見つめた。

 沖縄気象台の週間予報によると、沖縄地方は期間の前半、熱帯低気圧や湿った空気の影響で曇りや雨の所がある。後半は、太平洋高気圧に覆われ、おおむね晴れる見込み。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内