片岡愛之助『半沢直樹』アップ対策で始めた“紀香流”美肌ケア

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマ『半沢直樹』(TBS系)で半沢を目の敵にする金融庁証券取引等監視委員会の統括検査官・黒崎駿一を演じる片岡愛之助(48)は続編収録の際、親しいスタッフにこう話していたという。

「視聴者さんがアップに耐えられるように、お肌のケアもしておかないと!」

彼に“美容指南”をしているのが、愛妻・藤原紀香(49)だ。

「紀香さんから『乾燥は敵! とにかく保湿!!』と美肌アドバイスをもらっているそうです。自宅では体の内側からキレイになるように、旬の野菜や果物を10種類ほど入れた特製スムージーを作ってもらっているそうです。愛之助さんは特に苺が大好きで、スムージーに苺が入っていた日はテンションが上がると話していました」(制作関係者)

実は黒崎の“真の敵”は半沢ではなく、東京中央銀行の証券営業部部長・伊佐山泰二を演じた市川猿之助(44)だった!?

「愛之助さんはLINEゲームが好きで、中でも『ポコパン』というゲームが最近の一番のお気に入り。ふだんは大の仲よしの猿之助さんとも、ゲーム上ではライバル。収録現場で愛之助さんが『彼に記録を抜かされた?』と悔しがっていたこともありました」(前出・制作関係者)

現場での“アドリブ王”は香川照之(54)だという。

「香川さんの大和田取締役は本来なら続編の原作には登場しないんです。香川さんは続投が非常に不安だったそうで、監督の粘り強い説得で再登板を決意したといいます。そのため、香川さんは撮影現場で『おしまいDEATH!』や『沈ボッツ』など、自在にアドリブを繰り広げることで、原作を超える臨場感を出すことに命をかけているそうです」(ドラマ関係者)

緊張感の高い現場の雰囲気が和むのは香川と、渡真利忍役の及川光博(50)のやりとりだという。

「実は2人は20年来の友人で、お互いのことを『ミッチー』、『テリー』と呼び合う仲なんです。前作では関わらなかったキャストやスタッフが、このやりとりを最初に聞いたときは驚いていましたね」(別のドラマ関係者)

「女性自身」2020年9月15日号 掲載



【関連記事】

『半沢直樹』現場で起きた変化 堺雅人は感染予防のため控室へ

視聴率好調な『半沢直樹』からおなじみのシーンが消えた理由

「半沢直樹」隠れネタが話題 企業名が別の池井戸作品とリンク




前の記事困りごとがあるからこそ、人はつな...
次の記事NHK紅白 異例の嵐シフトへ…持...