泣く子も踊りだした!? 沖縄CMものがたり[5]沖縄ホンダ・まるまるセット

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

 「は~い~さ~まるまるセット ホンダのまるまるセット♪」

 テクノ風のダンスに沖縄民謡風のメロディー。一度聞くと頭から離れず、踊りだしたくなる。沖縄ホンダ(浦添市、小林久夫社長)が売り出す5年間定額のカーリースプラン「まるまるセット」のCMだ。

 ちまたでは泣きべそをかいた赤ちゃんが見入る“泣く子も黙るCM”とのうわさも。動画投稿サイトに投稿したCM動画の再生回数は12万回にも上る。子どもたちに人気の秘密は何か。謎に迫ってみた。



うちなーダンスポップ


 CM制作を依頼した沖縄ホンダの赤嶺直也営業企画部長と制作に携わった広告代理店・宣伝の稲嶺司営業部長に話を聞いた。CMは「子どもが踊れるものを」との沖縄ホンダの依頼で宣伝が制作し、今年の2月27日から放映している。歌詞は宣伝のCMプランナー藤田七星さんが担当した。ダンサーは人気ダンスユニット「TEMPURA KIDZ(テンプラキッズ)」。きゃりーぱみゅぱみゅのバックダンサーも務める精鋭たちだ。

 当初はテンプラキッズのイメージでテクノ色が強かったが、「カチャーシーと曲がちぐはぐ」との指摘で沖縄の要素を入れることに。ロック、洋楽…試行錯誤を繰り返し、たどり着いたのが三線を用いたメロディーライン。ポップな要素を残しつつ一気に沖縄風の雰囲気が広がった。


赤ちゃんに見せてみた。


 「子どもがぐずった時にこのCMを見せる」「このCMが流れるとすぐにテレビのところでガン見」。ツイッターなどで「まるまるセット」と検索してみてほしい。まるまるセットのCMを見ながらはしゃぎだす子どもの写真や動画が見られるはずだ。夢中になる様子を見たい!と、浦添市のマルケス美香さん(31)宅で娘の恵茉ちゃん(1)に見せてみた。


まるまるセットのCMをじっと見詰める恵茉ちゃん。この後踊りだした

 記者のパソコンでCM動画を流すと、恵茉ちゃんは動きを止めて画面をじっと見詰めた。机のへりをおもむろにつかみ、楽しそうな声を上げながら音楽に合わせ左右にお尻を振り始めた。音楽が終わると拍手。しかし、次の子ども用のダンス動画が流れるといきなり泣きだした。恐るべし、まるまるセットCM。その効果は確かだ。

 子どもウケを狙ったCMでこれほどの反響は大成功では? 記者の質問に沖縄ホンダの赤嶺部長は「そんなに反響があるんですね」と実感はない様子。「子どもは将来のお客さま。喜んでもらえたならうれしい」と笑顔を見せた。


(2017年8月20日 琉球新報掲載)




前の記事ダンス日本一の高校生3人と踊って...
次の記事口当たり良く食欲誘う モズク入り...