インスタフォロワー14万人 17歳のジャズピアニスト甲田まひるの素顔

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加
おしゃれなファッションで同世代をとりこにしながら、ジャズピアニストとして大人びた世界を表現する甲田まひる (ⓒソニー・ミュージックダイレクト)

正午に生まれたから「まひる」。そこから愛称となったMappy(マッピー)というかわいい響きとは異なる大人びた表情も時折のぞかせる。沖縄市泡瀬生まれのジャズピアニストで、写真共有アプリ「インスタグラム」では世界中に14万人のフォロワーを持つ。音楽もファッションも新時代のアーティストだ。

昨年5月にアルバム「PLANKTON(プランクトン)」(ソニー・ミュージックダイレクト)でメジャーデビュー。ライブハウスなどでセッションを重ねる。

沖縄で生まれ、東京で育った。でもタコライス好き。5歳でピアノを始め、ジャズの「おしゃれな」コード(和音)の響きに魅せられ、ピアノの発表会でもジャズテイストな曲を選んだ。

バド・パウエルやセロニアス・モンクがお気に入り。耳で聞いて演奏する「耳コピ」を繰り返しジャズに漬かっていく。ニューヨークのライブハウスでもセッションを経験した。

アルバムでは好きなビバップをオリジナルにも取り入れた。今はヒップホップに心が動く。「歌ものも書いて、自分で歌ってもみたい」。好奇心がとどまるところを知らない17歳だ。 

(滝本匠)


甲田まひるのデビューアルバム「PLANKTON」。ジャケットの絵は、甲田のポートレートをインスタグラムに投稿していたファンに依頼して描き下ろされた


こうだ・まひる 2001年5月24日生まれ。沖縄市出身。好きな食べ物はタコライス。幼少の頃からクラシックやジャズに親しみ、米国出身のジャズピアニスト、バド・パウエルにあこがれる。東京の老舗ジャズクラブ「新宿ピット・イン」でライブ活動を始め、現在所属する事務所のプロデューサーにスカウトされてデビュー。昨年5月、初アルバム「PLANKTON」(ソニー・ミュージックダイレクト)を発売した。


ジャズピアニストのほか、小学6年に始めたインスタグラムをきっかけにブロガーとしてもデビューした。ファッションアイコンとして業界の注目を集める。ファッション誌の連載やモデルとしても活躍し、東京コレクションにも招待された。




前の記事エミー賞38部門受賞!ファンタジ...
次の記事沖縄で「名古屋スタイル」のモーニ...