沖縄で50年愛され続けているマーブルケーキがある

このエントリーをはてなブックマークに追加


 今も昔も変わらぬ味を 

トーエ洋菓子店 

マーブルケーキでおなじみ、那覇市与儀のトーエ洋菓子店は1969年創業、今年で50年になる。現在、二代目店主の東江裕貴さんを始め、東江さんの父と伯母、姉、いとこと5人で切り盛りする。昔ながらの味を大切に、日々ケーキ作りに励む店主の東江さんにマーブルケーキへの思いや、こだわり、これからを聞いた。​



バタークリームを挟んだマーブル模様の生地の上に、たっぷりのチョコレートをコーティングしたマーブルケーキ(写真・村山望)

店主・東江裕貴さん

たっぷりコーティングされたチョコレート、バタークリームのコク、マーブル模様のほろほろとした生地―。

トーエ洋菓子店の一番人気はなんといってもマーブルケーキ。トゥシビー(生年祝い)や成人祝い、出産祝いなどお祝いごとに利用する客が多いという。特に3月、4月は、合格や入学祝いのお返しなどに購入する人が多く、この時期はマーブルケーキだけしか作れないほどの人気ぶり。朝から晩までフル操業でも間に合わないほどだという。



チョコレートにこだわり



デコレーションケーキ。(左から)バタークリーム、チョコレート

同店は東江さんの伯父・武司さんが1969年に創業。マーブルケーキは、武司さんが以前働いていたベーカリーにもあったケーキを改良したものだ。一番こだわったのがチョコレート。さまざまな人に3種類ほど試食してもらい、アンケートをとって一番評判がよかったものを採用した。

東江さんは、武司さんから店を引き継いで7年、創業当時からレシピは一切変えていない。チョコレートも変わらず、昔ながらの味を大切に守り続けている。

チョコレートが変わると、ケーキそのものの味が変わってしまう。それだけはゆずれないといい、チョコレートのメーカーから規格の変更を伝えられても、これまでと同じものを作ってほしいとお願いした。

昔ながらの甘いケーキにもこだわる。近ごろは甘さ控えめを好む人も増え、「甘くないケーキはどれか?」と聞かれると、東江さんは「うちのケーキは全部甘くておいしいですよ、と答える」と言って笑う。

生クリームは一切使わずバタークリームのみ。

「県外でもあちこちでバタークリームのケーキを食べましたが、伯父さんが作るバタークリームにかなうものはない」と話す。

子どものころは学校から帰ると店に来てケーキをもらい、食べてから遊びに行った。朝はパン代わりにケーキ。よっぽど甘いものが好きなのかと思いきや、「本当はしょっぱいのが好き。でも伯父さんのケーキだけはよく食べていた」という。



1個まさかの130円!



1.チーズケーキ、2.マスコットケーキ、3.ジャーマンケーキ、4.チョコロールケーキ、5.クリームチョコケーキ(各130円)


マーブルケーキへの思い



懐かしさを感じさせるパッケージ類

スフレタイプのチーズケーキも人気商品の一つ。その他、バタークリームをコーティングしてバニラクッキーをまぶしたマスコットケーキ、アーモンドとココナツを甘く煮詰めて生地に載せたジャーマンケーキなど定番商品が店頭に並ぶ。

これまで定番商品だけで手いっぱいだったが、昨年は新商品の販売も始めた。

「青森から取り寄せたりんごを毎日煮詰め、手織りの生地で作っています。サクサクしたアップルパイですよ」とうれしそうだ。

一方で、マーブルケーキへの思いは深い。

「やはりマーブルケーキは一番大事な商品。うちはこれでもっているようなものなので、より丁寧に作るよう心掛けています。お客さんが『昔と変わらずおいしいね』と言ってくれるように、『二代目になったから味が変わった』と言われないように、この味を守り続けていきたい」。 

優しい口調の中にも、東江さんの強い思いを感じた。



    * * * 

取材を終え、久しぶりにトーエのマーブルケーキを口にした。相変わらず甘くておいしいケーキだった。


(﨑山裕子)




トーエ洋菓子店
那覇市与儀1-8-13 (マップはコチラ)
☎098-854-4707



(2019年1月3日付 週刊レキオ掲載)




前の記事沖縄で「名古屋スタイル」のモーニ...
次の記事沖縄を巣立った女優・池間夏海が強...