2歳の子連れでタイに行った① 機内で便利な子育てアイテムはコレ☆えくぼママの沖縄子育て☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんちには! 旅行が大好きなえくぼママライターみはるです。

大手航空会社を除くLCCや国際線は、2歳を過ぎたら座席が1人分必要になりますよね。なので今から数年前、息子が2歳のお誕生日の前に・・・

タイに行ってきました!

「安く楽しむ」がモットーの私。
初の子連れ海外旅行でも安さが優先! LCCを使って行くことにしました。

ツアーも調べましたが、自分で手配した方が安かったので、タイに行き慣れている兄に助言をもらい、移動しやすく、治安も良く、安いエリアの駅近のホテルをネット予約しました。

現在(2019年3月)は、沖縄からタイまでのLCC直行便がありますが、当時はまだ沖縄からの直行便がありませんでした。なので那覇空港〜関西国際空港〜タイドンムアン空港まで、乗り換えや待ち時間を除いても約9時間の飛行機旅!! 

息子は人生初の飛行機でした。うん。無謀。



◇フライトは子どもの寝そうな時間に!



まずはできる限り準備しようと、関空〜タイは行きも帰りも夜のチケットを手配。 

おかげで息子はほとんどぐずることもなく、眠っているうちに目的地へ到着!

タイとはほとんど時差がないので、これも良かったです。

が、行きの飛行機では気圧の変化に慣れず、やはり耳が痛かったようで眠っていても「いたい〜〜〜!!」と耳を押さえて泣いて起きる! またおっぱい飲んで入眠。を数回は繰り返しました・・・。ごめんね。

起きている時間は用意していたシール帳で真剣に遊び、お絵かき帳に絵をかきかき・・・おやつをもぐもぐ・・ジュースで気をそらし・・・飛行機内を歩き回ることもなく、座席で遊ぶか寝るか食べるかで過ごしてくれました。

しかし,、せまーいLCCの座席。

膝上に9時間! お互いによく頑張りました。

乗り換えを考えて数時間は空けていたのにも関わらず、行きは沖縄から関空までの飛行機がありえない程に遅れ、乗り換えに間に合わなくなってしまう事態になったため、結局は泣く泣く大手航空会社の当日券を手配することに・・・(高すぎ涙)

タイの航空券・ホテル・ツアーを捨てることになる位なら・・・いたしかたなかったのです(涙涙)



◇子連れ旅行に便利な機内アイテム



今回の旅で持っていって良かった機内アイテム

・新しいシール帳
・おえかき道具
・好きな絵本
・好きなおやつ
・すぐに羽織れる薄手のパーカー
・抱っこ紐 でした!

機内持ち込みの手荷物は、息子くんの物でパンパンでした。

離陸時の耳抜きはおっぱいで切り抜けました。

もう少し大きい子なら飴がいいと、よく聞きますね。

シール帳は集中できるように、今までやったことのない物を!

絵本はお気に入りの物の方が喜んで何度も読み聞かせできます。(もう少し大きい子ならミッケや迷路絵本シリーズなどがオススメです☆)

おやつにはドライフルーツなどを持っていきましたが、食べるのに時間がかかる物だとなお良し!

そして機内は寒い!! 薄手の防寒具は必須です。

抱っこ紐で抱っこしていれば子ども用シートベルトはしなくて済んだので、拘束されるのが嫌いで、母と離れるのも嫌いな息子も、母と密着したままの抱っこで終始ニコニコ! 私がそのまま眠ってしまっても危なくないので、私も楽だし、授乳もできて、本当に助かりました~。

乗り物に興味が出てきて、飛行機にも大興奮の息子でしたが、搭乗する時には飛行機があまり見えませんよね。なので、降りてすぐの飛行機に「乗りたいー乗りたいよー」と言ってました笑。

滞在記は②に続きます。お楽しみに♪



(えくぼママライター みはる)

 


☆えくぼママの沖縄子育て☆ これまでの記事はこちらから

 



☆ プロフィル ☆


みはる
東京出身。浦添市在住。 元幼稚園教諭であり元保育士。現在えくぼママとして活躍中!
よく言われるのは、元気。いつも笑ってる。よく喋る。
2014年生まれのヤンチャな長男と穏やかな旦那さんとの3人家族。
自然派育児を楽しみながらマイペースに子育て中。
野望は家族で世界中に滞在することが仕事になること☆

アイコンをクリックして「たいようのえくぼ」ページへ↓

クリックすれば「たいようのえくぼ」へ

 

 

 

 





前の記事史上最強のシロウト軍団が全国へ!...
次の記事錦戸亮 船越に脱退後相談!俳優観...