教育

「石垣振興」大学授業に 市と産能大など、事業提案も

 【石垣】地域振興につなげようと、石垣市は3日、市内でミドリムシの研究・生産を手掛けるユーグレナ(出雲充社長)や東京都の自由が丘商店街振興組合(岡田一弥理事長)、産業能率大学(宮内ミナミ学長)と連携を図る協定を結んだ。市役所で同日、締結式が開かれ、中山義隆市長と各者の代表が協定書に署名した。


協定を締結した(左から)中山義隆市長と出雲充社長、岡田一弥理事長、宮内ミナミ学長=3日、石垣市役所

 取り組みでは産業能率大の授業で市の地域振興に向けた課題などを取り上げ、学生たちが事業を考案するとともに、自由が丘商店街で情報発信やマーケティングを実践する仕組みを想定している。
 ユーグレナは事業者の視点で助言や支援を手掛ける。4者は成果として、学生の事業提案からサービスや商品の開発に発展することも期待している。
 中山市長は「願ってもない3者とパートナーを組むことになった。さまざまな分野で島の可能性を発掘してほしい」と話した。
 同大経営学部の松尾尚教授は「石垣島は農産品など優れた素材がある。うまくマーケティングできれば、ブランド力が向上する。マーケティング学としても魅力的な場所だ」と強調した。